家族葬に参列するべきかどうか

  • 家族葬に参列するべきかどうか

    • 家族葬は、気心が知れた方たちが参列するので、ゆったりとした雰囲気の時間を過ごすことができます。

      その空間に装飾がわずかに加わることによって、故人の人柄を表現した品物などに触れることによって思い出が蘇り、会話も進んで、悲しみの中にあっても温かみがある家族葬を執り行うことができます。
      そして、参列する方たちが、それぞれの故人に対する気持ちを寄せ書きなどといった形で、故人に感謝の気持ちを伝えることもできます。一方で、家族葬に参列する立場になったときには、一般的な葬儀とは、多少異なるところに注意する必要があります。

      今、話題の家族葬のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

      一番注意が必要になるのが参列するかどうかの基準で、参列をしていいのかどうかを迷ってしまうことも少なくありません。

      産経ニュース情報を網羅した総合サイトです。

      自分が参列した方が良いのかどうかについてですが、原則としては、遺族からの参列願いの案内があったときだけ参列をすることになります。



      家族葬は、一般的な会葬者を招待しないで、遺族や近親者だけで執り行います。とても親しい関係にあった友人や知人が参列することはありますが、その場合は遺族側が希望するときだけになります。

      遺族が案内をしていない状態であれば、葬儀が執り行われることを知ったとしても参列しないようにする必要があります。そして、どこまでが身内なのかどうかについても、その世帯によって違ってきます。故人の配偶者や子供、兄弟などといった割合近い血縁関係の人たちだけで執り行うこともあれば、いとこやおじ、おばなどの人たちも含めて執り行うこともあります。

  • 社会の特徴

    • 最近は従来のように多くの参列者に来てもらう葬儀ではなく、ごく親しい身内だけで葬儀を行う家族葬が人気を集めています。個人と本当に親しい間柄の人たちだけが集まるので余計な気遣いが不要なうえ、コストも抑えることができるので、これからもますます需要が増えることが予想される新しい葬儀の形態です。...

  • 基礎知識

    • 家族葬の告別式でスピーチすると一目置かれる、褒められる、後継ぎとして認められるなどのメリットがあります。親戚達から普段は頼りないと見られていた時は、堂々とスピーチを成し遂げることで、一目置かれる存在になります。...

  • 社会のテクニック

    • 家族葬に参列する人の範囲は故人が生前に決めたり、喪主が決めたりすることなため、参列願いを案内されたときだけ家族葬に参列するのが良い方法になります。遺族側から直接会ったり、電話があったりして訃報の連絡を受けたときには、家族葬に参列することに迷いが生じることはありません。...

  • 予備知識

    • 家族葬とは、故人の近親者や親戚のみで小規模で執り行う新しい形態のお葬式です。家族葬は単に一般の弔問客を招待する一般葬を小規模したものではなく、守るべきマナーも普通のお葬式とは異なる部分があります。...

top